記事一覧

BASTARD!!暗黒の破壊神を見終わった。

BASTARD!!暗黒の破壊神 というのは、1980年代後半に週刊少年ジャンプで連載が始まった萩原一至さん作の漫画のタイトルです。私は当時、この漫画が楽しみで毎週ジャンプを買っていたという大ファンで、今も四天王の一人アーシェス・ネイのフィギュアを目の前に飾っています。
そんなバスタード・暗黒の破壊神ですが、どういう話かざっくり話しますと、
主人公である魔法使いがその強力な魔力を持って四人の部下、四天王を率いて人間相手に戦争を起こし世界征服を目論みます。しかし、人間側の勇者五人に野望を阻まれ死亡します。しかしその魔法使いは転生の秘術を用いており、その15年後に人間として再びこの世に生まれてきます。それを五勇者の一人の大神官がいち早く見つけ出し、魔法によって封印した状態で人間として自分の娘と一緒に育てます。しかし、かつての大戦で敗戦した四天王もその転生を悟っており、その子のいる城に亜人類で組織された兵を向けてきます。四天王側の圧倒的な武力と魔力の前に大神官が従事する城が落城寸前まで詰め寄られますが、その時に娘が転生したその子に接吻を行い封印を解きます。そしてかつて大戦を引き起こした古の大魔法使いがついにその姿を現すのですが元を辿れば攻めてきている側の大将です。しかし人間に15年間育てられ、兄弟同然だった娘に頭が上がらないというおかしな状況になっており、結局人間側を救う形で亜人類の軍団を強力な魔法で撃退してしまいます。そして城は守られ人間に一旦は平穏が訪れるのですが、それはその魔法使いと、かつての部下であり盟友でもある四天王との激しい戦いの始まりでもありました。さらにその戦いを利用して400年前に封印された破壊神も自らの復活を目論みます・・・。

という感じです。
これは全然序章の話です。ここから本編が始まりますのでご興味がある方はNetflixなどの動画サイトで是非ご覧ください。
さて、
このバスタードですが、原作でも話が節目事に区切られて、以下のようにそれぞれにサブタイトルが付いています。

1)闇の反逆軍団編(四天王のうちの三人と闘う話)
2)地獄の鎮魂歌編(四天王の最後の一人と闘う話)
3)罪と罰編(復活してしまった破壊神や天使と闘う話・中断)
4)背徳の掟編(魔神と闘う話)
5)魔力の刻印編(罪と罰編の続き・2012年から中断している)

前世紀に一度アニメ化されてDVD-BOXにもなったのですが、この時は話がまだそれほど進んでおらず、結局1)の初期の頃の話で終わってしまいましたが、2022年になって再びアニメ化がされて1)闇の反逆軍団編を全24話で完結させています。そして2024年2)の地獄の鎮魂歌編がアニメ化され、こちらも全15話で完結、先日CS放送のアニメ専門のチャンネルで放送が終了しました。原作で言うと30年以上前の漫画になるのですが、現代風のCGを用いた美しい映像で、一言一句の台詞に至るまで原作に忠実に製作されており、今も大ファンの私にとっては終始ニヤけてしまう内容でした。ネタバレになるといけませんので人物像など本編の詳しい事は書けないのですが、とにかく一度、原作でもアニメでもどちらでも良いので見てください。滅茶苦茶おもしろいです。絶対にこの世界観に引き込まれます。エヴァンゲリオンや鬼滅の刃とは全然違う作風で、主人公もハチャメチャで作者共々エロもギャグもやりたい放題暴れまくります。30年経った今も古臭さが全くありませんが、本当にこれが少年誌に連載されていたのかと思わせます(汗)。途中から季刊誌や青年誌に移るので、更に過激になったりするんですよね・・・。
一つだけ残念なのは、2012年から原作が中断しており作者である萩原一至氏も、もはや描く気がないと言うことかな。だから最終的に行き着くのは伏線回収がされないまま尻切れトンボの結末の状態という事です。還暦超えになっちゃったけど、がんばって是非描いて欲しいんだけどなぁ。萩原さん、みんな今も待っていますよ・・・。

で、アニメ化がどこまでされるかなのですが、とにかくアニメの原作への忠実度が半端ないので、正直言ってどこまで可能なのかと慮ってしまうこと頻りですね。と言うのも1)と2)までは何とかアニメ化して放映可能だと思うんです。
でも3)の罪と罰編は・・・(汗)
恐らく教育委員会というか、映倫から検閲を受けるんじゃないかと思うような描写があったりするんですよね。でもギリギリセーフかも。という感じです。3)を何とかクリアしたとしても、4)の背徳の掟編は絶対に無理かなという気がします。原作に忠実にアニメ化しないとファンはついてきません。私も残念な気になります。しかしそれをやると・・・という感じですね。
ま、先の心配を私が今してもしょうがないので置いときましょう。
とりあえず地獄の鎮魂歌編、面白かったです。そして美しかったです。見て損はありませんので、皆様もぜひバスタードの世界を覗き見てください。
ちなみに登場キャラで私が一番好きなキャラは魔線将軍の中の一人であるマカパインです。思いっきり脇役なのですが、小狡さといい、間抜けさといい、何だか一番人間臭い感じがするんですよね。その次が同じく魔線将軍の一人であるシェラ・イー・リー。最初は男キャラだったのですが、実は女性でしたキャラで、女性を隠さなくなった途端に巨乳化して萩原漫画らしい女性になるのですが、そこではなくて(笑)、こういう漫画にありがちな男勝りの女性キャラではなくて、何だか一番しっとりとした大人の女性を感じるキャラなんですよね。職業が吟遊詩人という点も似合っています。
あと、作者である萩原氏が一番好きだったとされるキャラが四天王の一人であるアーシェス・ネイ。寿命400年のハーフエルフの孤児で、主人公に拾われてから100年の恋をし続けるけなげさや、大人と子供が同居するような性格設定は作者の好きな女性の理想像なのかも知れませんね。よく見ると、この漫画のキャラにはそれぞれに特有の性格までもが埋め込まれており、そういう所も面白さに繋がっていると思う次第です。
罪と罰編、アニメ化されたらまたがんばって見るぞ!

ドラクエウォーク、メガモン・キラーマジンガの貧者攻略

ドラクエウォークが四周年に入る少し前位から何となく思っていたのですが、このどのこころにも属さないというキラーマジンガが登場して確信が持てました。運営さんはドラクエウォークの延命の為にインフレを抑制する措置を取っていますね。
冒険ゲーム、いわゆるロールプレイングゲーム(RPG)のインフレとは、簡単に言うと自分も敵も強くなりすぎて新規ゲームの参入がほぼ不可能な状態に陥ることです。こうなるとゲームのプレイヤーは減る事はあっても増える事はほぼ無くなります。最終的には無敵化した重課金者だけの少人数で維持するだけのゲームとなってしまう為、収益が限られてしまい最終的にはサービス終了、俗に言う「サ終」という事になります。
サ終になると、ゲームのサービスその物が停止する為、それまでかけたお金やゲーム内で入手したアイテム等は全て無効、要するにこの世から消えます。おつかれーの状態ですね。RPGでは大体5年を目処にインフレが起こってサ終を向かえているという現実があります。人気タイトルの場合、潜在的な新規プレイヤーが見込まれると運営側が判断した場合、稀にではありますがゲームそのものをリセットするかのようにリメイクして再出発のような措置を取ることがあります。ポケモンGOなんかがその良い例ですね。で、本題のドラクエウォークでは今どうなっているかと言いますと、ざっくりとした私の感覚では間違いなくこの自キャラと敵キャラのインフレを防止する措置が取られているようです。と言うのも四周年以降は自キャラの強さのパラメータを決定づける倒したモンスターの「こころ」のパラメータが微増となっており、また「覚醒」という名前で、既存の「こころ」のパラメータを微増させるイベントを頻繁、またはほぼ常設にすることでインフレを抑制し、代わりに地水火風や斬撃、体技、魔法の各系統の特攻機能を強めたりして駆け引きをさせる方向に動いています。また新規のピックアップ武器(旬の最強武器)の提供も、二週間に1つという頻繁さではある物の、決してそれ一つで無双が出来るという武器ではなく、これもまた微妙に強いけど系統別が厳密化されており、以前の武器も「錬成」というイベントを設けることで強くさせ、これまた駆け引きをさせる設定に振ることでインフレ抑制を行い、平均5年とされるRPGのサ終までの期間を何とか延命しようと知恵を振り絞っている感じがひしひしと伝わってきます。
なので、四周年以降のピックアップ武器は、私的に見てもはっきり言って目玉と言える物はありません。イベント期間にだけ強い武器という感じで、昔のように万能で数年使える武器という感じがしないのです。ちなみに万能と言える武器は3.5周年を前後して出ている感じですね。そこへ来て今回はメガモン・キラーマジンガの登場です。当然、今のピックアップ武器をふくびきで引き当てれば多少は楽に攻略できますが、昔のように無双はできません。武器、装備、こころの設定で駆け引きが必要になります。そう、面倒くさいんですね。正直、四周年以降の敵キャラは面倒くさいのが多いです。これではモンスター狩りのゲームであり、全然現実世界のドラクエを冒険して堪能するゲームじゃないですやん・・・という感じがしています。
と言う訳で、四周年以降、復刻で引き当てた「光創神のつえ」以外何も引き当てていない、いわゆる武器・装備貧者の私のキラーマジンガの攻略方をご紹介します。まぁ無課金だし、ジェムもマイレージも貯め込まない性格なので貧者になるよね(笑)。
 
動画サイトでは派手な武器や装備を遠慮無く用いた攻略法が紹介されていますが、貧者にはあのような大ダメージはまず出ません。つまり動画サイトは参考にはならないのです。自分で考えるしかありません。で、このキラーマジンガ。キラーマシン2の応援も呼ぶし極端に強いですよね。という事は先述したように駆け引きが必要です。つまりこちらも極端なことをしないと勝てないという事です。
ちなみに毎回複数人でやれるとは限りませんので、シングルでの討伐を想定して書きますね。
貧者には貧者のやり方があります。
キラーマジンガを倒す貧者の作戦はズバリ、回復3人とマシン特攻の魔剣士1人という組み合わせです。私の場合は以下のようにしました。
 
1)守り人70(さとりのつえ・錬成4)
2)大神官67(さとりのつえ・錬成3)
3)魔剣士65(ラミアスのつるぎ)
4)大神官65(エンジェルロッド)

です。
1)~4)は動く順番です(並びは魔剣士が4番目)。たまに魔剣士が2番目に動いてしまいますが、とにかく1番は守り人が動くようにします。ヤバくなった時に「におうだち」で立て直す為です。
4)はエンジェルロッドです。キラーマジンガには魅了が入りますので最後にエンジェルロッドを振ることで魅了を入れてキラーマジンガの攻撃をパスさせる事を狙っています。
さとりのつえはたまたま持っていましたので使っていますが、ない方はひかりのタクトでもOKです。何がキモかと言うと回復と「復活」が出来ることです。回復しかできないアイテムの場合は、必ずザオかザオラルが使えるこころを付けてあげてください。
1)と2)は耐久力重視です。装備はマシン耐性やメラ、バギ、ジバリア耐性を持った物を付けてください。こころは守り人は回復キャップ700位までならクリアは出来ますがそれ以上は難しいでしょう。それよりも耐性重視です。大神官は回復魔力は800以上いけると思いますのですばやさと回復魔力を見ながら付けてください。
4)のエンジェルロッドを持つ大神官は思いっきり大神官の装備とこころを付けてください。リッカ、セラフィ、スーパーテンツク、ユニコーン辺りが良いと思います。心珠は被ダメに応じて耐性か回復かを選んでください。こころ道は3人全て左寄せでアンコールだけ出来るようにしておきましょう。
最後に唯一となる攻撃手・魔剣士ですが、ラミアスのつるぎのイオでぶった切りますので、思い切りその装備をしてください。こころも心珠も全てイオ特攻です。ただし、2か3番目に動く必要がありますので、虹枠にはランプのまじん(覚醒)等を入れるなりして調整してください。私はそれに加えレックとハッサン、ゴールデンドラゴン、デュランを付けました。心珠は2つとも撃・マシン系です。無ければイオ特攻でもOKです。「きあいため」を使いますので、必ずレックとハッサンは付けた方が良いですね。
 
キラーマジンガは1ターン目に必ず「コキュートス」をぶっ放してきます。なので、1ターン目は全員「ぼうぎょ」から始まります。これでほぼ無傷で2ターン目を迎えられます。序盤からとにかくスカラとまもりのたてを全員にかけつつ、魔剣士はすてみときあいための繰り返しでバンバン攻撃してゆきましょう。因果が貯まってくると2万~3万超えの与ダメを出してくれます。しかし、オートはダメです。オートでやると、キラーゾーンが出来た時にキラーゾーンを攻撃してしまいます。ここは手動でとにかくキラーマジンガを一点集中で攻撃しましょう。
キラーマジンガはHPが残り1/4辺りからメメントモリを定期的に撃ってきますのでここからが勝負です。が、その為に回復手を3人用意したんですね。キラーマジンガのメメントモリはHPが残り100となりますが、キラーマシン2がチクチクとやってくるので鬱陶しいですが、3ターンあればフル回復まで持ってこられるはずです。持ってこられなければ回復魔力を見直してください。
事故って倒されても復活で起こしたり、麻痺されてもキアリク(だからさとりのつえかひかりのタクトなのです)で解除したり、とにかく3人おれば何とかなります。守り人のにおうだちで立て直しも可能です。
10ターンほどかかりますが、これだけ極端にやりますと確実に与ダメを重ねて最終的には倒すことが出来ます。ラミアスのつるぎは敵のバフを剥がすことが出来るのと、大ダメージを1点に与えられるのが魅力なのですが、ない場合はメタルキングの剣でイオ振り設定にしてもいけます。この場合はキラーマシン2を叩けるのですが、総ターン数がたくさんかかりますので、MPに気を付けることと、MP回復のアイテムがたくさんいる事になります。大神官を一人大魔道士にしておけばMPパサーでタンク代わりにしても良いですね。
これでキラーマジンガの攻略も見えてきたのではないでしょうか。
繰り返しますが、貧者には貧者のやり方があります。
動画サイトのようなリッチな設定なんてできませんので、こう言うやり方になります。倒してもすぐに生き返ってくる。麻痺ってもすぐに回復してくる。HP減らされても2ターン目には満タンにしてくる。それでいて25000前後のダメージを確実に与えてくる・・・。
キラーマジンガ側に立つと、めちゃくちゃ厄介なカルテットでしょうね。運営ざまぁ。
 
と言う訳で、私はこれにて・・・。

ドラクエウォーク、覚醒千里行ランプのまじん編

ドラクエウォーク、覚醒千里行ランプのまじん編、捗っていますかね・・・。
動画サイトを見て、こんなにアイテム無いわとか、妖精の円月輪が無いから終了とか思っている方が結構いるんじゃないかと思って日記に記しておくことにしました。
 
結論から言います。
この覚醒千里行ランプのまじん編には、動画サイトで解説されているような高火力の武器は要りません。場合によっては円月輪+高火力武器で押し切ろうとする方が時間がかかる場合もあります。完全オートの1ターンキルなんてもんに拘らないで、貧者は貧者の戦い方をしましょう。ちなみに私は妖精の円月輪もなんちゃらの断頭台も持っていません。しかし、適当に進めて一晩で3300以上の宝珠のカケラを集めました。そんな必死のパッチにやってませんよ。大体いつも3週間位かけて覚醒しています。今回も同じペースかなと思いましたが、今回は来週にはランプのまじんの覚醒は終わっちゃいそうです。血染めの魔剣の宝珠のカケラはまだ32個です。なんか、あまり出てこないんですよね~。私の場合はどうやら血染めの魔剣の宝珠集めに、この千里行を暫くは毎週やり続ける羽目になりそうです。あまり出てこないクセに400個って多いよね・・・。
 
さて、その具体的な貧者の戦い方ですが、必要な物は「クリフトのこころ」これ一つです。これに付いてくる即死呪文「ザラキ」がゾンビ編覚醒千里行には面白いように決まりますので、最初に動くキャラにクリフトのこころを持たせて、最初だけ手動になりますがザラキを投げれば敵の数は確実に減ります。場合によっては一瞬で即死させて戦闘終了する場合も多々あります。ザラキが効かないモンスターもいますが、残った敵はチクチクと攻撃して倒してゆきます。恐らく1匹か2匹の残党をやっつけるだけなので、そこそこの武器さえ持っておれば2ターンくらいで終われるのでは無いかと思います。
ザラキは効かないモンスターを挙げた方が良いくらい効きます。
ブルサベージは効きません。唯一厄介な敵です
昼では、きめんどうし、どくイモムシ、メタルつむりくらいじゃなかったかな。わかめ王子は忘れちゃった。
夜は、ましょうぐも、メタルつむりかな。ランプのまじんにも入りますよ。とにかく面倒な敵はザラキでバンバン倒せばかなり戦闘が楽になります。
最近ゲームを始めた方で、クリフトのこころを持っていない方は、正直言ってキツいです。しかし単体攻撃にはなってしまいますが「ひとくい箱」と「バズズ」のSこころには同じ即死呪文「ザキ」が付いていますので面倒ですがこれを使えば同じような事が可能です。って言うか即死確率は「ザキ」の方が上ですので、複数回唱える可能性がある大魔道士に持たせて一番に動くようにすればバンバン即死させてくれるはずです。
 
ただし、今回の千里行は戦闘が終わったらカットインで入ってくる「血染めの魔剣」に備えておく必要があるのが唯一厄介な点ですね。これはこれで別口で宝珠のカケラを集めるという手も無くはないですが、あまりに遠大な計画になるので出来ればカットインしてきたら一緒に倒してしまいたいところです。
で、動画サイトなどを見ると力任せの例ばかりが示されていますので、四人全員が攻撃方になっており、「やられる前にやる」という事を前提にしていますが、はっきり言ってこのやり方は今回は無課金、微課金勢にはできないと思います。私もニンジャを二人入れて縛りが入りまくった1度しか倒せませんでしたから・・・。
なので、回復要因を入れておく必要があります。それと、血染めの魔剣は少し弱くしてあるようですが、それでもHPは20000以上位あるようです。なので一体集中の高火力武器を持つキャラが1体必要になります。
あくまで、今私が編成している一例ですが、私の場合は以下のようになりました。

1)守り人(えいゆうのやり)(クリフトのこころ・ザラキ)
2)ニンジャ(忍刀・朧)
3)魔剣士(ぎんがのつるぎ・無属性)
4)大魔道士(エンジェルロッド)
 
本当は大魔道士を一番に動かしてザラキを投げたいのですが、如何せん素早さがあまり上げられないので、これをやると敵に先制されまくって、特にましょうぐもやランプのまじんがいると吹き飛ばされます。あと血染めの魔剣対策として「におうだち」で体勢を立て直せるように素早ければ何でも良いってな感じで守り人にしています。守り人の素早さ対策のため、ザラキの魔力の消費が激しくなりますのでMPパサーのある大魔道士を回復要因にしています。できれば復活機能の付いた回復アイテムが良いです。エンジェルロッドかクリフトの聖杖、今旬の水晶玉とかですかね。回復魔力は650以上あれば良いので選択の幅は結構あるかと思います。
ニンジャは、影縫いが思ったほどタイムリーに入ってくれないので素早さを落として火力に振っています。こころ道は波道で、影縫いの1ターンだけセットしています。風道でもよいのですが要は素早さ対策です。
魔剣士は「ぎんがのつるぎ」を持たせて、これぞいつ来るか分からない対血染めの魔剣要員です。メラ属性は外して無属性にすることで通常戦闘でも幅を利かせています。ただし自滅の恐れがあるフォースバーストは使いません。刃道オンリーに振って因果の極みでいきましょう。心珠も撃・物質系にしています。
 
とまぁ、こんな感じでしょうか。
要はザラキ等の即死系で敵を減らせば、それほど難易度は高くないです。普通に血染めの魔剣の方を意識してカルテットを組めば、通常戦闘も苦労は無いと思います。
 
と言う訳で、しばらくはひと狩りではなく、ウォークかな・・・。

2024年最新 趣味のドローンはもう買うな。

今回はタイトルの通りです。
ドローンを買うと、他のカメラマンとは違う角度からの城郭や大木などが撮れる=地べたカメラマンとは一線を画せるぜ・・・等と夢を描く方もいるかと思うし、実際にネットを見ると素晴らしいうたい文句が書かれてあってDJIなんかの最近ドローンが結構なお値段ではあるが、其処彼処に紹介されていたりなんかして、益々その気にさせられてしまうと思いますが、特に購入を迷っている方に申しますが、タイトル通り結論から言いまして
 
「趣味では絶対にドローンは買うな。」
 
これが私からの警告であります。

以前に比べると安くなった言えども、色々とオプションも揃えれば10万円は下らない「高価なおもちゃ」です。
以前に比べると高性能になったと言えども、壊れたり混信したりして墜落、または紛失という危険性は常について回ります。
以前より小型になったと言えども、素晴らしい写真が撮れるのは、民生機では例外なくDJI製の100g以上の機体で、実際に空撮までに至るには登録だの現地での許可だのが必要です。
以前よりドローンの名前が広がったと言えども、それに比例してアンチも増えますから、通報されていつの間にか警官に取り囲まれているという事態になったりします。最悪は罰金または懲役刑を食らいます。
 
飛行禁止時間と空域というのが一番引っかかってくるのですが、
まず日没後は一般人は一切ダメです。これでドラクエ1の竜王のように世界が半分になります。w
次に飛行禁止空域というのがありまして、これは国交省のホームページとかにも書かれています。要は人物などの30m以内はダメとか飛行場や官公庁(自衛隊基地など)の傍や人口密集地であるDID地区とかですね。要は住宅街にある自宅の前でひょいと飛ばすことはできません。これはドローンを購入する前の予備知識としては、よく知られていることですね。
最も大きな障害となるのが「飛行現地での管理者への許可」です。基本的に官公庁が管理している場所は全て問答無用で禁止と思って差し支えありません。2024年現在で言うと一例ではありますが、全ての河川敷、公園内と付近、道路上(道路発着の許可が警察から取り付ける要あり)、海岸(断崖絶壁を含む)、日本国領内の海上全て(海上保安庁の許可が必要)、山岳登山コース上とその近傍やテント場など、富士山は樹海も含めて全面禁止。

という感じです。
さて、これらを除いた場所で、あなたが思いつく場所でひょいと気軽に飛ばせる場所はありますか?

あ、もう一つだけ付け加えることがあります。重要です。
 
「操縦者単独では飛行させてはいけません。他に補助者を1名つけてください。」
 
以上です。
さて、どうでしょうか。
高性能なドローンを買ったところで、まず飛ばす場所がありません。無人島でも官公庁が管理していますので、公園扱いという事で基本的に許可は出ません。
つまりは、DJIのCMに出てくるような夕刻の摩天楼の空撮や、海岸線の撮影など出来ないんです。またコースを疾走するクロスバイクの撮影も私有地ですのでまず許可は出ず今は出来ません。
できるのは・・・
実家に田んぼがある方は、その上でちょっと飛ばすくらいでしょうかね。桜の木一つ跨いで撮ることも出来ないんです。
 
「だから無駄遣いになるので買うな。」
 
と警告しています。
ちなみにドローン帰省の煽りを食って、ラジコンヘリ、ラジコン飛行機、ラジコンミニエンジンカーに至るまで今は同じ扱いになっています。ま、たまたま許可が取れたところで、集められる映像は河や湖などの似たり寄ったりの映像ばかりで5回ほども飛ばせば許可申請も煩わしくなってドローンは箪笥の肥やしになるかお部屋のインテリアになる事請け合いです。
 
ちなみにこれは金出してドローン資格とやらを取得したとしても、何も事態は変わりません。元々ドローン自体に制限を解除するような資格なんて無いからです。ドローンスクールへ通って操縦の訓練を受けたという事実は貰えますけど、これって大昔に流行ったワープロ検定(若い人は知らないよね)と同じ次元のもので、使い物にならない技術者なら無意味なものです。
 
「どうしても飛ばしたい!」
 
と言う方は、最終手段としてドローンを飛ばす事を業としている会社に就職されるか、ご自分でドローン空撮の会社を起業して東奔西走することですね。
 
大体ね、そんな気軽に飛ばして空撮がバンバン撮れるような日本なら、インスタやXにもっと素晴らしい空撮画像が普通にアップされてきますよ。それにカメラもクソ高いフルサイズミラーレスなんて飛び越して一気にドローン空撮の時代に入っていたでしょう。そうすればDJIの一人舞台にもなっていないでしょうし、日本のトイドローンの技術力もDJIを凌ぐ物になっていたと思います。日本の企業はDJIの作るあれほど小型で高性能なドローンは2024年現在、どこの企業も造る技術は持っていません。農薬散布とか、土木調査に使うデカくて厳ついドローンなら造れます。ついでに言いますと軍用は一切造れません。ま、狭い日本でここまで徹底してトイドローンを排除したらこうなりますよね。ドローン産業はこの先も伸びてゆくと言われていますが、外国産のドローンに高い関税をかけるとか、何かしないとドローンその物の日本国の製造技術はここから先はほぼ上がってゆく事は無いと思います。つまり外国産のドローンばかりが空を舞うという事です。って言うか日本製のデカ厳ついドローンに空を飛ばれる方が恐ろしいですね。
 
ま、大きな話は置いといて、とりあえず2024年現在、もう趣味でドローンを高い金を出して買うのは止めましょう。いつもの役人と既得権者の「俺らは良いけど、お前らはあかん」という一般人には典型的なくだらない物になっているという事をお忘れ無く。

ドラクエウォーク、錬金百式ゾンビ編が始まりましたね。

さて、ひと狩りの方を一生懸命やっていたんですが、あちらは無課金だと結構詰んでしまって先に進めない状況になりますね。と言う訳で停滞気味のひと狩りは置いといて、ドラクエウォークに戻ってみました所、本日から錬金百式・ゾンビ編が始まっておりました。
このイベントは、特定のアクセサリーに対して三種類の細かいアイテムを集めまくるためにゾンビ系モンスターの大将と1週間に付き百回戦うという物で、三種のアイテムを全て規定の個数を集めると、晴れて錬金が出来て特定アイテムの機能が(誤差の範囲で)上がる・・・と言う物です。で、この百戦の相手となるゾンビ大将なのですが、子分を二匹連れ添って現れます。そこそこの耐久力を持っており、少ないターンで倒すほど三種の細かいアイテムがたくさん貰える=早く錬金を行うことが出来るという案配になっております。
早速動画サイトでは、ドラクエウォークの配信者が色々と試行錯誤したパーティの職業や武器装備などを紹介して、1ターン狩りを目指した物をアップされているようですが、正直言って錬金百式は早く錬金する事を優先すると、私のような無課金勇者には勿体ないオバケが出るイベントなのであります。と言うのも錬金百式の大将を倒すと30000の経験値が貰えます。つまり百戦で計300万もの経験値がもらえるのです。これを生かさない手はないんですね。
早く錬金をする為に1ターン狩りを目指すと、職業は完ストした物をズラッと使う事になり、経験値は闇に消えてしまいます。なので、錬金というモチベーションを与えてくれた上での、キャラのレベルを上げるイベントであると理解した方が得なのです。私はYouTuberの攻略動画は一切見ておりません。ゲームを進めているペースが一般人とはかけ離れているので参考にならないからです。私が参考にしているのはGame8等の文字の攻略サイトだけです。それすらも見ずに手持ちの物で攻略法を編み出す方が多いです。今回の錬金百式も独自で攻略しております。
 
今回のゾンビ編では大将のゆうれい船長は耐久力がありますが、基本的に攻撃力は出てくる三体とも特に高くはありません。なので私はパーティに回復役は入れていません。とにかく高火力でヤラれる前にヤるという戦術です。しかし問題はパーティの職業なんですねね・・・。
1ターン、いわゆるワンパン狩りというのをやろうとすると、どうしても高火力の出せる魔剣士や複数回の攻撃が繰り出せる可能性を持つ大魔道士を中心に参加させるのがセオリーとなってきます。実際に前回のドラゴン編ではそれでやりました。しかし、今回の私は魔剣士も大魔道士もほぼ全キャラが完ストしており、接待武器である「ブレアの炎槍」は持ってはいません。一応ワンパン狩りは可能なのですが、さっきも申しましたように一般ピーポーである私達は、これは錬金はオマケで「レベルを上げるイベント」であると解しなければなりません。そんな訳で私の場合は・・・

1)ニンジャ Lv53(ミリオンダガー)
2)守り人 Lv47(ぎんがのつるぎ:無属性)
3)魔剣士 Lv48(ボルケーノウィップ改4)
4)ゴッドハンド Lv43(ボルケーノウィップ改3)
 
という感じになりました。
斬撃メラ接待のイベントではあるのですが、私には斬撃メラで強いのはボルケーノウィップしかありませんので攻撃力が出せる3)と4)に持たせました。耐性系統も多いので1)と2)には無属性攻撃でオールマイティにしております。装備やこころ、心珠は全てゾンビやメラ特攻で埋めています。とにかくヤラれる前にヤる仕様です。これでオートで大体2パン。たまに3パンです。助っ人が強力な場合は1パンの時もあります。錬金が出来るようになるのは大体3~4週間位かかるのかなぁ。その頃にはこいつらもレベルが少し上がって強くなってくれている事でしょう。
ちなみに錬金百式は錬金が終わった後も毎週できるんだから、レベリングは後でやれば良いではないか・・・と言う方もいるかも知れませんので一応助言しますと、はっきり言って錬金という要素が無くなったら、百式は飽きてやりたくなくなります。目に見える報酬も無く、ただただ延々と同じ事を百回ってなかなかの精神力ですよ。私には性に合いません。実際スライム編もドラゴン編も錬金が終わったらアホらしくて空周回は一切やってません。そんな事やるくらいなら、地図とかメタホイ袋とかをやった方が精神衛生上にも健全な気がします。って言うか錬金イベントの「延長戦」みたいなのもやめて欲しいくらいです。今回もあるんだろうなぁ・・・面倒臭いこと山の如しですよ。
 
と言う訳で、私のパーティはさておき、無課金や微課金でやっている方はワンパン狩りなどを目指すよりも、レベリング手段としてこのイベントを生かす方が得策ですよという話でした。
ちなみに私は限定称号である「魔扉の災禍」も「時超えし妄執を断罪する者」も持っています。つまり高難度も超高難度もクリアしました。ガナサダイの高難度はガナサダイのメガモンのパーティで割とあっさりクリアできましたね。対ガナサダイ装備でしたからガナサダイを先に倒しました。超高難度は序盤のゴールデンスライムに手こずったのでゴールデンスライムのメガモン装備(対スライムの★4装備です)で臨みましたところ、あれよあれよとクリアして最後の奴等二匹もシバきあげてクリアしちゃいました。はっきり言って、四周年以降は「ぎんがのつるぎ」と「守り人」がキーデバイスですね。この二つを使いこなせると大抵のイベントはクリアできます。ちなみに私、今年に入ってから★5の旬の武器装備が入った宝箱が一切出てないんですけど・・・。
ええ、もちろんミミックの400連もですよ。気分は祭りくじですね。さて、今日はもう寝ようっと。(-_-)゚zzz…

能登半島地震から南海トラフ地震が起こった際の現実を想像してみる。

まずは、今般の能登半島地震で亡くなられた方のご冥福と、被災され、今なお不自由な生活を余儀なくされている大勢の方々の一刻も早い生活の再建をお祈りいたします。
時は1月1日16時06分。
私も例に漏れず家内側の毎年の恒例行事である、いわゆる「里帰り」をして、義妹夫婦や孫達も集まり、一族でお正月を楽しんでいる一人でありました。場所は大阪の北部ですが、突然三階建ての新築の家(私の家じゃないよ)が大きく揺さぶられるような感覚を覚えました。
「地震!」
と咄嗟に思った私は、最初の初期振動の間の10秒ほどの時間に出来る事、つまり扉を開けて、玄関を開け放ち、外へ飛び出し自分が停めた駐車場(広い所がそこしかなかった)へ逃げようとしたら・・・。
なんと我が一族はもちろん、住宅街のご近所さんも誰一人私と同じ行動を起こした人はいませんでした。
でも、まだ揺れます。地面が大きくうねるのを足の裏に感じました。ここまでで10秒位でしょうか。私は再び皆がいる二階に駆け上がり「逃げるぞ!」と呼びかけましたが、皆は本当に逃げるかどうか様子を見ている感じでした。
人は地震が起こった際の予備知識はたくさんあるようですが、実際に起こると、基本的に家のどこかしらを探すように見渡して、身体は動かなくなる生き物のようです。震源に近い能登半島ではもっと短いほんの数秒の初期振動(地震用語では初期微動)時の判断行動で生死が分かれた方も大勢いたと思われます。
つまり、震源地が大阪で震度6以上の地震であったなら、私以外の家族、親戚一同は家の下敷きになって死亡か、がれきに閉じ込められるかの目に遭っていたと言う訳です。戻ってしまった私も死んでいた事になりますけど・・・。幸いにも地震は最大震度3で収まり、事なきを得ましたが、私は今でも言います。あの時あんたらは死んでいたと・・・。私は阪神淡路の震災を始めから最後まで経験しましたので、家鳴りがしたら脊髄反射的に行動を起こすようにしています。なぜなら、潰れる家から逃げられる時間は、ほんの数秒しか無い事を今も忘れる事無く覚えているからです。あの時は私の居住地域では最大震度5(まだ強弱判定は無かった)でした。大阪北部地震では震度4でしたので、阪神淡路の地震の揺れは後にも先にも私の貴重な経験則となっています。
さて、
今回の能登半島地震では、立地的にやはり津波(世界共通語)の被害を被った地域がありました。輪島市から禄剛崎に至る道路を走った事のある方なら知っていると思いますが、結構な高さの断崖絶壁が続きます。が、禄剛崎を過ぎると断崖が無くなり、海沿いに出てきて、漁業を中心に生活を営んでいる様子がよく分かるのどかな村風景が見られました。しかし、今回はその地域が津波に呑まれたのは何となく推測できました。後の話では14分後に高さ5mを超える津波が押し寄せてきたとの事。未だに混同されている方が多いみたいなのでここでも言っておきますと、「津波」は台風などの気圧変化で起こる、どっぱーん!と防波堤や岩肌で砕ける「高潮」とは全く違います。津波は断層のズレによって海底の高さが変わり、海水の許容量が変わる事で海水が動き、塊となって押し寄せてきます。つまり海で洪水が起こると思ってください。海水の塊は黒い濁流となって防波堤そのものを呑み込むように乗り越えてきて、そのままの勢いと高さで街を呑み込みにかかってきます。水の塊が一定量、陸地を呑み込むと、街を呑み込んだ海水の動きは一旦止まります。この止まる時間は数秒だと思ってください。その後に今度は色んな物を呑み込んだ引き波が高台の方からなだれ込んできます。木造の家屋ではまず耐えられません。津波は海の洪水ですから、これが数十分から平野部では1時間以上続きます。ドドドド・・・という感じですね。その後、変わり果てた我が町を見ることになるでしょう。海沿いや平野部に暮らす方は思い違わずに知っておいてください。とにかく地震が来たら逃げることです。結果的に震度2で無被害ならそれはそれです。それで慌てて逃げたと嗤うような奴は、大震災の時には必ず死ぬかがれきに閉じ込められる人ですから放っておけば良いです。地震が起こって「様子を見る」なんて行動はあり得ません。とにかく揺れたら逃げるんです。それが正解なのです。
で、
以前から声高に言われている「南海トラフ地震」について考えてみましょう。私はこの地震の予知は富士山の噴火や首都直下地震と同じ位のオカルト的な話だと言っています。今もその考えは変わりません。なぜなら、このどれもが今までの大地震と呼ばれる物とは桁が違っている「破滅的災害」だからです。場合によっては日本国家の存亡にも関わってくる大災害です。
日本は大大阪時代と呼ばれた関西の発展に対する、単なる東京役人のプライドで長らく推し進められてきた東京一極集中という愚かな考えを未だに改めることが出来ていませんので、東京が壊滅すると日本の全機能は停止します。富士山の大噴火も首都直下地震もこれを実現してしまう災害ですので、とりあえず置いといて、では南海トラフ地震が実際に起こるとどうなのかで考えてみます。
地震学者によって、災害規模が色々と語られているようですが、私が読み漁った予測の感じでは以下の感じです。
九州の南東部、つまり鹿児島、宮崎辺りから関東の千葉県に至るまでの太平洋の海沿いで最大震度7、内陸部でも震度6、京都市のような内陸盆地でも最大震度5強となっています。その後、高さ17m~30mの津波が押し寄せて宮崎市を中心に九州南東部は壊滅。四国は高知県は水没、徳島県も水没、和歌山県も沿岸部は全て水没。大阪平野も神戸市から南は全て水没、淡路島は消滅。大阪市は辛うじて上町峠のてっぺんにある大坂城の屋根は水没を逃れる感じでしょうか。更に淀川を遡上する津波は高槻市辺りにまで及びます。大阪湾で反射増幅した津波は高松市や岡山市、広島市、愛媛にも及びます。三重県も熊野灘を中心に水没。名古屋市は消滅です。静岡県も富士山が残るくらいでしょうか。横浜市も消滅。東京都は津波被害は少ないかも知れませんが液状化で壊滅、千葉県は消滅です。
日本の人口の約半数がこの時点で失われるのではないでしょうか。残りの被災者は、来ることもない支援物資と救助隊を待ちながらも結局食糧不足で一定数の方は死亡します。その後疫病や感染症が広がってけが人なども結局死亡します。日本の産業はほぼ失われますので経済は超インフレになります。スーパーからは物が消え、水や電気の供給もか細くなってゆくでしょう。つまり被災しなかった人もその後じわじわと押し寄せる現実に狂おしい運命を任せる事になります。そうです、生き残れたからどうだ、家が無事だったからどうだという話ではないのです。救助や復旧する人もいなければ、それを指揮命令する物もないのですからそうなります。日本の大都市がほぼ太平洋側に沿って存在している事と、日本の人口の約8割がそこにいるという事実を踏まえれば、南海トラフ地震が如何に破滅的な災害かがご理解できますでしょうか。これに対して「防災グッズは持っておきましょう」とか言ってる方の話って、まるで機関銃で攻めてくる敵に竹槍で立ち向かえと言っていた戦争末期の大本営のように私には見えます。
人がこのような災害に遭うと一瞬で文明を失い原始の生活を強いられます。しかし現代人にはこの地上で獲物を得て生きる術を失っていますので、国家と各自治体が主体となった救済が必要になります。各個人に対しては風雨を避ける施設、つまり体温を維持できる設備です。そして水。更にトイレ。食料はその次くらいかな。全体としては治安の回復維持、道路の復旧、各インフラの復旧となります。
さて、上記の災害状況において、これらをスピーディにできる体制が取れるでしょうか。今までの震災では複数の大都市が一挙に失われる事はありませんでしたから、時の政府は何とか凌いでこられましたが、この破滅震災ではそもそも救助に向かえる部隊その物がほぼありません。もしかしたら政府も機能麻痺に陥っている可能性もあります。
本当に南海トラフ地震が、予測通りに2035年を中心に±5年以内に起こるのならば、国家はもっと深い視点から災害対策を練っておかなければならないのではないでしょうか。今回の能登半島地震の初動体勢を見ていると、阪神淡路の震災以降、色々と整ってきたとは思う物の、経験値としては南海トラフには遠く及んでいないように見えたのは私だけではないはずです。能登は立地条件がどうとか、日本の孤島のような地だとか言う向きもありますが、そんなのは言い訳です。災害の来る日は待ってはくれません。南海トラフは破滅災害です。安全地帯など無く、何らかの形で国民全員が影響を受けます。誰も逃げることは出来ないのです。国家が真剣に南海トラフや富士の大噴火、首都直下地震に向き合わない限りは、私は一国民としては「ただのオカルト話」と言い続けるつもりです。

SIGMA 70-200mm/F2.8 DG OS HSM Sports が届きました。

タイトルの通りです。
初の大三元系レンズです。
ファイル 218-1.jpg

目方はズッシリと来る1.8kg。D810が980gですので、これを付けるとざっと3kgです。自衛隊制式の89式や20式小銃が3.5kgですので、あれよりも少し軽い程度の物を、彼らと同じように振り回してシャッターを押すことになります。ちなみに私の時代は64式だったので4.4kgあったんですね。あの重さを知っているからか、3kg台って言うだけで、案外苦にならない自分がいるんですよね。あ、もう言ってしまいます。
私、元陸上自衛官の一般施設手です。地雷埋めたり塹壕掘ったり、有刺鉄線で柵を作ったりしてました。まぁ、もう霞んで見えない位に昔の話なんですけどね。でも今でも舫い結びとか数秒で出来ますよ~。ハイ~~!!(笑)
ちなみに元自のお笑い芸人・やす子さんが来ている迷彩服の柄は、私が在籍していた時の物とは違って新しい柄です。昔のはもっと大雑把で白っぽい色も含まれていましたので、割かし見つかりやすかった気がします。ヘリから見下ろすと丸わかりでしたね(笑)。普段の訓練とかでは緑色(OD色と言います)一色の戦闘服を着るのが常で、迷彩服を着るのは大規模演習の時くらいかな。
だから、山行に行く服装も山行用と言うよりも軍用の装備品を身に付けたくなるんですよね。しかし民生品はとにかく軽いですよね。スマートで伸縮性もあって機能的な感じがします。しかし、私にはどこか頼りなく見えるんです。枝に引っかけたら破れそうとか、滑落後は裸同然になるんじゃないかとか想像してしまいます。一方の軍用品や準拠品になると重いです。そして厳ついです。メリットは山行専用品に比べると安い事くらいかな。そして何と言っても丈夫です。多少枝が引っかかろうが、岩肌に擦れようが、それがどうしたって感じです。靴底も深く角張っていてガシガシ歩けます。しかし重いです。私は米軍のECWCSと言うシステム品を(ある程度)買い揃えていて、これは色々な服装を組み合わせる事によって、Level1~7までの組み合わせがあり、最大で氷点下54℃までの極寒にまで対応できるようになっています。最近、マシュマロコートと呼ばれるLevel7の上着を買いましたので、晴れて氷点下54℃まで対応出来るようになりました。とにかくゆったりしているので、カメラや小さなリュックや鞄を下げた状態でも、上からガバッと着ることが出来ます。これが軍用品と民生品の違うところですね。昔の某刑事ドラマで青島刑事が着ていたM-51パーカーも同じでゆったりと大きく作られているのは、装備品を付けた上から着る事を想定しているからなんですね。あれを着た上からリュックを背負うのではなくて、リュックを背負った状態からM-51を着るのが本当は正解なんです。でも背虫男みたいになるんですけどね。( ̄。 ̄;)
 
とまぁ、そんな訳で話を元に戻します。σ(^◇^;)
実はこういう重量級の長物レンズを付けたカメラを持つと、嫌でも当時の事を思い出してしまうんですよね。すいません。
シグマというメーカーは、昔はタムロンと共に学生レンズと異名を取っていたほどに、写りは程々で、とにかく安かったので写真部在籍の学生さんによく普及していたレンズなんですね。当時の私はキヤノンAE-1を使っていましたが、当時、東京方面に行った際に東海大相模の写真部からお借りしていたレンズはタムロン製の200mm単望遠と秒間2コマのワインダーでした。これで結構色々と撮影しましたね。大阪では友人にキヤノンの100-300mmを借りていましたけど・・・(自分では買わないという)。
しかし、今のシグマは違いますね。APOが出てきた辺りからグンと良くなってきたのですが、特にArt、Contemporary、Sportsの3つに分類してレンズ製作にコダワリを持ってからのシグマレンズの性能は昔とはレベチとなっています。私にはこれを見たタムロンにもケツに火が付いたように見えます。シグマは内製(国内生産)にコダわっていて全てのレンズが純粋な日本製です。それと、現在は写り優先を徹底してレンズを製作しており、その為なら多少の重量増や鏡筒が太くなって大型になってもそれが答えです・・・みたいな性格になっています。なので、この70-200mm/F2.8レンズを取って見ても、ニコンとタムロンは絞り羽9枚、フィルターサイズ77mmだったりと大きさや太さ、重さも約1.4kgとほぼ同じような仕様となっています。タムロンだけが少し寄れるレンズになっている位でしょうか。
しかしシグマは違います。レンズ構成枚数は22群24枚で最多。絞り羽も11枚。最大径は94.2mmでフィルター径は82mmと、多の同系レンズを全く意に介していない重くて太い仕様となっております(笑)。
「レンズ専門(でもないけど)のメーカーが、写りに妥協してどないすんねん」
と言ってのけているかのような圧巻の仕様でございます。私的には
「写りは保証します。でも重いとか太いって言うなら使ってもらわなくて結構です。」
と、きっぱりと言い切っているように思える、潔ささえ感じるレンズです。こういう感じ、好きなんだよね~。ちなみにシグマは50mm/F1.4単焦点という、一眼レフ機にとってはまず最初に手にするような標準中の標準とも言うべきレンズでも妥協無しの造りで10万円オーバーの物をリリースしてくるようなレンズメーカーさんです。だから迷わずこのレンズを選んだ訳です。シグマさん、応援していますよ~。
まぁ、私がシグマを好むのは何度も書きましたが、昔から、特にAPOシリーズ以降はパープルフリンジが出ないからです。あのデジタル特有の軸上色収差だけは許せません。タムロンもニコンも出ていましたがシグマは出ませんでした。「今は」とかは関係ありません。これが全てです。だからシグマレンズを私は信用するのです。
ファイル 218-2.jpg

少し、試写をしてみましたが、周辺まで綺麗に解像されています。一般的にはレンズの径が大きくなるほど被写界深度は狭くシビアになり扱いが難しくなります。そう言う意味ではAFの速度など不利になる点が多いのですが、実際はあまり気になりません。
ハード面でもズームリングもピントリングも適度な重さがあって扱いやすいと思いました。さすがは大三元に挑むレンズだけの事はあります。一番気に入ったのはカメラを構えてレンズを持った時に親指の位置に来るファンクションボタンです。シグマのUSBドックで色んな機能の割り当てが出来るボタンで、縦位置にした場合でも対応できるように2カ所に設えられています。
ファイル 218-3.jpg
今はAFボタンとして割り付けているのですが、これがとてつもなく便利です。よくぞこのボタンを付けてくれましたという感じですね。他にもAFや手ブレ補正の入切等が割り当てられるようですが、私的にはAFがとても有り難いです。普段は全くしない撮り鉄ですが、このボタンのお陰で手持ち撮影がしたくなりました。
さて、3.5kgとなるこのシステム。私は往年のように振り回して撮影が出来るのでありましょうか・・・。
その答えは、次回の講釈で。

フルサイズシステムが要約完成。重いけど・・・( ̄。 ̄;)

フルサイズは基本的に単焦点でと考えているんですが、少し前に導入したシグマの24-105mm/F4 Artの写りがなかなかの物で、D810の慣熟使用に存分に使っております。3600万画素という高画素にも負けずに改造してくれる点は、まさに純正以上と評する方もおられるほどだと言う事が分かります。
最大写程となるレンズは私の場合は相変わらず150-600mmの/F5-6.3なのですが、年末も押し迫る12月28日に伊賀上野城と月をD810の初めての実戦投入という事で行って参りました。こう言う場合は私は後ろ控えのカメラは持っていきません。つまりD810と150-600mmのみを持っていきました。
ファイル 217-1.jpg

伊賀上野城と月を撮る上で、条件良く一番の遠くの距離から撮影できる場所はほぼ決まっており、正に12月28日はそのピンポイントの日でした。高画素機とは言いつつも、D810はわがままを言う事無く150-600mmの解像力を受け入れてくれてテレ端600mmでISO-800、f8で1/2秒のシャッターを切らせてくれた結果です。
少し距離が足りなかったのですが、トリミング耐性も高く、なかなかの撮れ高だったかなぁと思っております。
こうなってくると、間を埋めたくなってくるのが人情って物ですよね・・・σ(^◇^;)
24-105mmがあって150-600mmがあると、やはり真ん中の70-200mmというフルサイズ用レンズが欲しくなってきます。流れで行くとF4の小三元系レンズで良いのですが、なぁいんですな。70-200mm/F4なんてレンズは・・・。
ちなみにニコンの話をしてるのよ~。
そこで行き着く道の先にあるのが70-200mm/F2.8という事になります。そう、これは私が今まで個人では所有した事の無い、いわゆる大三元系のレンズとなります。で、早速調べてみました所、やはりニコン純正の物は多少の背伸びをしても手の届かない価格で販売されていました。旧型の物も新型のFL(フローライト)の物も私には無理です。って言うかこんなレンズは結果を出さないと収まらない職業カメさんか、家族のない独身貴族な方が使えば良いレンズだと思います。と言う訳で却下。
お値段が一番お手頃だったのが相変わらずタムロン製。中古だと7万円台からあり、新品でもフレンドリーなお値段です。純正の大三元レンズとの敵対レンズとなるので、それなりに拘った造りにもなっているようで、評価を見ると歯の浮くような高いレビューが並んでいます。が、これは個人的になのですが正直私はあまり好きなメーカーさんではないんですね。その理由は他の記事で散々書いていますので、良かったら検索して過去の日記から探して読んでください。今のタムロンはそんなことは皆無・・・と、言われても私はダメです。旧型となると論外です。
で、最終的に出てくるのがシグマのレンズですね。
既にAPS-C用として開発販売されていた「変態レンズ」の異名を持つ APO 50-150mm DC OS HSMをD500で使いまくっております。正直言って撮りたい物を撮らせてくれる一番信頼をしているレンズです。遠征となると、とりあえず持っていく一本です。このフルサイズ版となる APO 70-200mm DG OS HSMも中古で出回っていて、既に旧型となって久しい事もあって、見てくれはともかく、掘り出し物では5万円台から出回ることもあるようです。
しかし、
変な話ですがフルサイズで使う場合、こだわりのある方はこのレンズには手を出さない方が良いです。レンズ筒は50-150mmと同じ物を使っているので当然70-200mm用に作られた鏡筒だとは思いますが、APS-C用のレンズをフルサイズ用の鏡筒に用いていますから設計に余裕があるんですね。正直言って写りは50-150mmとは別物です。分かり易く言うと、このAPO 70-200mmをフルサイズで使うと、APS-Cの範囲を超えた部分からレンズの収差が目立つようになってきます。だから私の場合はD500で使う分には問題は無かったのですが、17-50mmを持っていますので、50-70mmの空隙が出来てしまう為50-150mmの方を選択したのです。結果は正解だったと思います。今思うとAPS-C用の鏡筒にフルサイズの70-200mmを詰め込んだのかなと思わせるレンズですね。このレンズでフルサイズで撮影されている方の写真を拝見しますと、どうしても周辺の写りに眼が行ってしまいます。
と言う訳で、残る選択肢は新しい方の 70-200mm DG OS HSM Sportsという事になります。中古でも今以て10万円を下りませんし、新品はやや雲の上です。が、とある撮影を控えている私はどうしても真ん中となる70-200mmを埋めておきたかった。と言う訳でシグマのこのSportsと銘の入った70-200mmをツモってしまいました。
元日に注文しましたのでまだ手元には届いていないのですが、このレンズを手に次第、ちょっと出掛けて見たい場所がありますので、行って見ようかと思います。
このシグマの70-200mm Sportsは、1.8kgオーバーとかなりの重量級レンズであります。純正やタムロンよりも重くて太いです。しかしシグマはとにかく写りを優先して、重さと太さは度外視して製作するメーカーでもあります。レビュー内容はそれとして、私が試写作品を見る限りでは、恐らくニコン純正のFLの物と同じか条件によっては上回るのではないかと思えるレンズです。D810とで3kg弱はダテじゃないね。がんばって持ち運ばないといけないのですが、新しい物好きしている間は、重さ関係無しに持ち出すかな。(*^O^*)
さて、このレンズで24mm~600mmまでのフルサイズのシステムが3本で完成しました。今まで鳥専としての選択肢はありましたが、風景撮影の選択肢が出来ました。
それに、D500で使うと105-300mmのレンズとしても使えますので、現場によっては野鳥撮りでも使える可能性が出てきますね。まぁ、そう言う意味でも必要かなという気になっていたレンズなんですけどね・・・。
私のような貧乏人間には安い買い物じゃ無いので、いっちょ気合い入れなあきまへんな。

D810の慣熟とかCFカードとか・・・。

本題の前にドラクエウォークの話題。
今回のイベントストーリーって年明けの1月18日まで続くらしい。
で、散々雑魚敵だのほこら敵だの強敵だのをやっつけまくって、配合前のココロをイベントモンスターから取りまくって、そのココロを配合してSランクまでレベルアップさせて…というチマチマした作業を4回やらされます。で、出来上がった配合後のモンスターと言えば、これがまた全然使えないんだよね。苦労させられた割に果実が少な過ぎて思わず笑ってしまうレベルです。せめて覚醒したメガモン位の性能は込めて欲しかった。
あと、予想通りゴールデン何とかっていう武器以降は、私は一切★5武器は出ておりません。って言うかゴールデン何とかって言うのも、その後の凍った剣みたいのも、汎用性無さ過ぎてこれまた笑ってしまうレベル。とにかくしょうもない武器をリリースしまくって、手間暇のかかるイベント内容にして、さらに覚醒イベントも重ねて、モンハンNOWに行かないようにドラクエウォークにプレイヤーを釘付けにしようという考えが透けて見え見えって感じなんだよね。運営もそんな事に腐心しなくても、モンハンNOWの方は、思った以上にプレイヤーの声を聞かない方針を取っており、自滅の方向にひた走っているので心配はないと思うんですけどね。
ドラクエウォークを長くやるコツは、とにかく動画サイトを見ない事。動画サイトを見た所で100%再現できるアイテムもココロもないでしょ。それに他人が★5武器を引き当てる所を見たって、自分のアイテムがどうにかなる訳でもなし。それとツイッターだかXだかも見ない事。私はフォローはしてるけど、べつに面白い訳でもないので全然見てません(笑)。攻略はゲームエイト等のサイトだけ見ます。で、モンスターの弱点と攻撃方法を見たら、あとは独自で武器と装備と戦術を練ってアタックします。何戦かしていると改良点が見えてきて楽勝ちできるようになります。まぁ、動画サイトのやり方を真似たり参考にして、うまくいった試しはほぼ無いですね。有名Tuberさんよりも早く覚醒したりした事もあるし、私が本気でガチると自転車とクルマを使ってイベントをこなしますので、数時間で終わってしまいます。動画サイトを見ると「さぁみなさん順調に集めているでしょうか?」ってやってるんですね。もう終わってるってって一人ツッコミしたりしますけど…。w
という訳で、自分以外のプレイヤー(特にYoutuber)を視界に入れてしまうと、たちどころに自分のゲームがメンタルも含めて崩れてしまう面もあるので、ドラクエウォークは攻略サイトを見て敵性を知る所までにして、独自でチマチマやっているのが一番良いゲームという事になります。これマジで鉄則。
 
さて、カメラの話題です。
新しく投入の日を待つばかりのD810なのですが、買わないって決めていたCFカードをついつい買ってしまいました。64GBで15000円。高くない?CFastでもCF-Expressでもなく、ただのCFカードだよ?
でもやっぱ連写バッファを考えるとちょっとでも転送速度の速いCFカードが必要になるんだよなぁ…なんてことを考えていたら、ポイントがそこそこ貯まっていた事もあって64GBのをポチってしまいました。ちなみにカードリーダーも必要になるのですが、こちらも全額ポイントでUSB3.0のをポチりました。品切れらしいのでいつ届くか分かりません。CFカードなんて過疎ったメディアの機器なんて、もしかしたら再販予定なしで強制キャンセル食らうかも…。w
それはそれとして、あれから何度かは試写に出かけております。それで高画素機になると必要な事ってのが分かってきたので書き留めておくことにしました。ちなみに高画素機とは3600万画素以上のフルサイズ機という事にしておきますね。
 
1)四隅に至るまで、とても解像度の高いレンズが必要。
2)アダプター使って中判用のレンズを使ったらもっと幸せ。
3)ブレが目立ちやすいので中、長望遠ズームにはあまり向かない。
4)高感度撮影にはあまり向かない。
5)連写使ってガシガシ撮るようなカメラではない。
6)20mm~100mm位までの高画質な単焦点での撮影が向いている。
 
と言う感じです。
とにかく写りは細かい所まで写ります。(私のような)安いレンズでも写ります。ただくっきりすっきりと撮るには、それなりのレンズが必要になる感じです。安い高倍率レンズももちろん気にしなければ使えるんでしょうけど、便利ズームは周辺光量や流れ等が顕著になりますので、欲を言えば大三元レンズ、もう一声安くって方にはF4通しの小三元クラスでないと本来の解像感は得られないんじゃないかと思います。周辺光量や流れを特に気にする場合は、レンズのイメージサークルをギリギリまで使うフルサイズの場合は、どうしても不利になります。そうなってくるとDXフォーマットのカメラでフルサイズ用のレンズを使う理屈と同じで、中判用のレンズをアダプターを介してD810等の高画素機で使うと、イメージサークルのオイシイ所を使う事になりますので、これぞ高画素機と言う画が見られるのではないかと思います。実際に私と懇意にして頂いている富士山写真家の山本耕作氏はその方法で目の覚めるような光画を撮っておられます。あと、とにかく画が細かい分だけブレも目立ちやすいので、中、長望遠のズームレンズを付けての撮影もあまり向くカメラではないと思います。その辺りを使いたければズームではなく300mm/F4以上のサンニッパ、ヨンニッパ、ゴーヨン等の単焦点でじっくり追い込んでゆく撮影が必要と思います。
あと、いくら高感度に強いフルサイズと言っても高画素機になると受光センサーの面積が必然的に小さくなります。これは好感度に弱い=ISOをちょっと上げるとノイジーな写真になってしまう事を意味します。しかしD810等の場合は逆にISO64等、常用で低感度方向にも設定できるようになっていますので、やはり長望遠レンズを付けてISOを5000にして野鳥を撮影!ってな事には向いていないです。これをやるにはかなり大らかな気持ちで持ってD810をバディとしなければいけないでしょうね。結局、高画素を生かし切るには、情報量が多い風景=広い範囲を撮影する風景撮りで、周辺までくっきりと写る単焦点レンズでの運用が一番向いているという事だと思います。つまり高画素機を手にすると言う事は、中判カメラを手にする事に近いと思って単焦点レンズ数本を手にして被写体と対峙していった方が良い答えが見つかると実感しました。
それが嫌だと言うならば、D750やD780、D4s、D5と言ったより好感度に強いか、連写も兼ね備えたハイエンド機を使った方が取れ高は圧倒的に高くなるはずです。或いは初めから周辺をトリミングする事を前提に撮影するかでしょうね。
私はD500を普段のバディとして使っています。DXフォーマットで2000万画素ですが、秒間10コマの連写機能でミラーショックを排除すべく高精度のミラーバランサーが付いており(性格は違うけどD800系も付いてます)、AF専用の制御装置まで入っています。つまり性能云々と言うよりも想定する被写体が違う=カメラの性格そのものが違うんですね。D500でモデルさんの産毛まで写りこんだような高精細な写真を撮れと言われても逆立ちしたって無理です。しかしD810なら可能です。逆にD810で長望遠を振り回してオオワシを大きく撮ってこいと言われたらこれも私の場合は財布の事情で逆立ちしたって無理です。がD500なら難なくこなせます。カメラのラインナップていうのはこういう住み分けがあるんです。
あれもこれもと欲張ったカメラも、ミラーレスの世界では昨今はあるのかも知れませんが、結局やっぱり大枚を叩かないとそれらは実現しません。最新のミラーレス機を買って、アダプターを付けて旧レンズを使っている方を見ると、趣があると言うよりも、申し訳ないけど私には貧乏臭いカメラマンにしか見えないです。なぜなら撮影の意図もその人のポリシーも分からないからです。ただミラーレスに食いついてみたけど金が続かなかったという風にしか見えないんですね。だってカメラは最新なんでしょ。だったらその性能を如何なく発揮できる専用の最新レンズを使いなさいよってなりますよね。で、最新のカメラでしか撮れない写真ってのを追い続けて欲しいですね。後方は今もレフ機を使っている我々が押さえておりますので…というと反発を買うんだなこれが(笑)。

「インターバル撮影」と「微速度撮影」の違い。ニコンだよ。

ニコンのカメラには「インターバル撮影」という機能と「微速度撮影」という機能が用意されています。マニュアルを熟読しつつカメラを使うタイプの人と、何かの拍子(大抵は痛い目)で知っているという人は知っているこの二つの機能。設定内容も似ているので何が違うのかよく分からないまま来ているという、マニュアルを読まずに感覚だけでカメラを使う(私のような)タイプの人には、「多分似たような機能だろう。ニコンらしいな・・・」程度に思われている場合が多いのではないだろうか。ところがこの二つの機能は似て非なる物では無く、全く違う機能を有しているので、ある方を使ってしまって痛い目に合った人はそれとして、たまたま痛い目に遭ったことのない(私のような)人も、注意喚起の一つとして是非知っといた方が良いと思い、ここに書き記しておくことにしました。
もう全然違いますからね(笑)。
 
[インターバル撮影]
これは、A秒の露光で、B秒の間隔を開けながら、C枚の撮影をするというA、B、Cを設定して自動で撮影する機能です。この機能では自動撮影されたコマは全てRAWやJPEG等の記録設定に従った「連続写真」として1コマ1コマがメディアに記録されてゆきます。撮影が終わってパソコンでメモリの中を見ると写真がずらーーーっと並んでいる状態になるわけですね。その中の1コマを使って1枚の写真としても良し、Photoshop等で比較明合成をするなりして1コマの幻想的な写真にするも良し、Premiere等の動画ソフト上にコマを並べてタイムラプス動画を作成するも良し。とにかくこちらは汎用性に長けておりまして、とかく写真屋好きのする機能となっております。
なお、その他にも何日の何時何分から撮影を始めるか・・・という設定も可能となっており、例えば午後7時半から始まる花火大会にこの機能で備えたければ「午後7時15分から撮影スタート」という設定をしておけば、放っておいても勝手に撮影を始めてくれます。私は2台撮影の時にこれをよく使います。
 
[微速度撮影]
これは、A秒の露光で、B秒の間隔を開けながら、C枚の撮影をするというA、B、Cを設定して自動で撮影するので、同じ機能と思われ勝ちですが、微速度撮影の場合はカメラ側が連続撮影した写真を勝手に繋げてくれてタイムラプス動画に仕上げた状態で記録してくれます。ですから記録形式は動画の形式でmov形式です。この機能で撮影すると、後で写真を現像しようとしてメモリの隅々まで探しまくっても、データ復旧事業者に依頼しても、写真としては1コマも記録されません。だから写真屋がこの機能を使うと「痛い目」を見ることになって機能の違いを知る事になります。もう場合によっては涙がちょちょ切れるだけでは済まない話ですよね。と言う訳で「微速度撮影」は「動画機能の一つである」と深く記憶しておきましょう。
 
ところで、そんな設定をするのも面倒臭くて(私のように)毎度毎度レリーズ押しッぱ状態にしての「連写機能」で撮っちゃう人にも言っておきたい事があります。それは・・・
 
「シャッター速度が4秒以上の場合は連続撮影コマ数が100コマ」という制限がなくなって無限撮影モードになるという事です。
 
星空等をタイムラプス動画として作成するのが目的なんかの場合はインターバル撮影を行うよりも、連写機能を使った方ができあがりの動画の星の動きなんかが滑らかになります。これも覚えとくと良いですね。でも、少し古いカメラには無い機能ですのでマニュアルで確認しておきましょう。ニコンの各カメラのマニュアルで「連続撮影コマ数」という所にその旨の記載があれば4秒以上の無限撮影が可能です。記載が無ければその機能は無いので、100コマを迎えるまでの適当な頃合いを見計らって一旦レリーズを外して再度押してロック・・・という所作をする必要があります。一瞬で終わる所作ですが面倒臭いですね。
 
あと、ニコンのカメラで一番ややこしいのが「撮影間隔」の考え方ですね。って言うか私はデジカメはニコンしか知らないのですけど、とにかくニコンのカメラでの「撮影間隔」というのは撮影開始から撮影開始の間隔時間という事です。
実際のインターバル撮影ではカメラは以下のような動きをします。
シャッター速度を10秒、シャッター間隔を3秒として説明しますと、
 
1)撮影開始
2)シャッターが10秒間開く
3)10秒経ってシャッターが閉じる
4)3秒間の間隔を取る
5)撮影開始
6)2)に戻る
 
という風にさせたい場合は、撮影間隔は1)~5)までの合計時間となる13秒を設定する必要があります。
またシャッターショックを排除したいがために、露出ディレイを2秒取った場合は、もちろんその時間も考慮して足す必要があります。上記にディレイ時間2秒をきっちり取らせたい場合は撮影間隔は15秒に設定しないといけないという事になります。
ここら辺がなんか面倒臭いので私は連写機能を使う事が多いという訳です。( ̄。 ̄;)
 
知っとかないとエラいことになる機能の違いと、知っとくと便利な機能を少しだけ語ってみた今回でした。何よりも私自身がお勉強になりました。σ(^◇^;)

ページ移動